fc2ブログ

プロフィール

hisa

Author:hisa
松本自工ではいろいろな季節の飾りつけをしております。
たくさん飾ろうと思っているのですが、値段が高かったり理想的なものがなかったり・・・。

欲しいものが買えないなら自分で作ればいいじゃない!
ということでいろいろ作るようになりました。

当サイトはリンクフリーです。ただし、無断転載は禁じます。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ラッパを吹いてる白うさぎのフィギュア 作り方

去年はちょっと忙しくて手作り作品をアップできない日が続き、気づけば1年ほど・・・

作ってはいたんですよ、いろいろと。いや、ほんとに。
でもなかなかアップロードできなくて・・・

というわけでちょっといままでの色々を頑張ってアップします!
この際、季節感は無視で!

******************************


前回は「時計を持った白うさぎ」を作成してみました。

うさぎ29

うさぎに使った毛皮が結構余っているのでせっかくなので
もう一個ウサギを作ってみようと思います。



ジョン・テニエルさんのイラストでもう一個有名なイラストがありますよね
ラッパ吹いてるウサギ

これをイメージして作りたいと思います。


1、だいたいの形を作るまでは「時計を持った白うさぎ」と同じなので省略
  のり塗った新聞紙を貼ったところ
ラッパ1



2、習字の紙を貼り、毛皮を着せます。
ラッパ2





3、今回は豪華にするためにいろいろ布やゴールドのレース等を
  用意しました。
ラッパ3





4、原作をもう一回よく調べてみると、どうやら「時計を持った白うさぎ」と
  「ラッパ吹いてる白うさぎ」は同一兎物とのこと。
  ってことは、背の高さとか太さとか同じでないとダメじゃん! 
  ということで急いで同じように作ったつもりですが・・・
ラッパ4


  うーん、足が短くなってしまったけど、まあいいや。




5、首周りのヒラヒラ(襞襟)を作る為、家にあった白い布で
  細長い布を作ります。
ラッパ5





6、細長い布をジャバラ折りしていき、ひもを通しておきます。

ラッパ6





7、うさぎの首に巻き付け、長さを調整します。

8、服の布の形を作り、うさぎにあててみて雰囲気を確認します。
ラッパ7





9、イラストの通りの模様を入れます。
  フェルトにしようかとも思いましたが、フェルトを使うとどうしても安っぽくなってしまう。
  今回は頑張って一つ一つ刺繍しました。
ラッパ9





10、うさぎが吹いているラッパを作ります。
  何を使用するかいろいろ考えた結果、ストローを使用することに。
ラッパ10


シャボン玉を作るストローの形に作り、セロハンテープ、厚紙で補強します。
最後に銀紙で覆えば完成。



11、服を着せて、ラッパをうさぎに持たせます。
ラッパ11





12、うさぎの右手はラッパでいいのですが、左手をみると羊皮紙の巻物を持っています。
  羊皮紙ってちょっと羊の皮でできた紙で茶色がかっているイメージがあります。
  なので紙を古く見せるために、画用紙をコーヒーに付けてから、紅茶のパック
  (使用後)で軽くたたいたりして古い紙に見えるようにしました。
ラッパ12




13、羊皮紙の巻物の下に何か丸いものがあります。
  あれ、なんでしょうね?
  いろいろ調べたんですが、これと言って原作には書いてないのです。
  懐中時計?とも思ったのですが、もう同じような懐中時計はないし・・・
  羊皮紙の巻紙に使われてた封蝋?
  うん、封蝋じゃない?
  封蝋に決めた!

  ということで封蝋を作ります。
  
  家にあった100均のグルーガンでグルースティックをとかし、
  封蝋みたいな形に固まるようにします。
  途中でひもを重ねるようにするとよりそれっぽくなります。
  (ちなみにはがす時に上手く剥がれるよう、うすく油を塗りました)

ラッパ13





14、乾いたらアクリル絵の具で色を付け、ニスを塗ります。
  ニスも乾けば封蝋の完成。
  古っぽく見せた画用紙を巻物にしてひもで閉じ、封蝋をぶら下げます。
ラッパ14





15、巻物を左手に持たせます。
ラッパ15




これで完成!!

不思議の国のアリスにふさわしい派手っぷりになりました!

ラッパ16


さっそくショールームの本棚の上に飾ります。
左にはイースターエッグの飾りもあります。


まだまだ春の飾りは少ないのでいろいろ作らないとですね!
がんばります!



  
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |  page top